こんばんは。 整理収納で「ゆとりのある暮らし」を目指す 奈良・整理収納アドバイザーのchicaです。
1クールの整理収納教室自宅レッスンを開催しています。

今月末には、アンガーマネジメントを取り入れた東京での「子育て&お片付け講座」も予定しております。

image
来春、小学校に入学する娘の為に、その準備を進めています。
【関連記事】
『おうち改造計画』*「子供部屋orリビング?」学習スペースの検討
『おうち改造計画』②「学用品の収納スペース」を考える
『学習スペース』は和室に決定!*自宅Lesson受講生に教わったこと
『おうち改造計画』③「子どもに関する収納」まとめ

現在、4か所に分散している子どもグッズを3か所にまとめるべく、
まずは、それぞれの「モノの整理」から取り掛かっています。


今日は、子どもと一緒に取り組んだ「絵本の整理」について、紹介させてください。



◆ 片付かなくなったら、整理


さて、お片付けのキホンは「整理」。
なのですが、実は絵本を整理するのは1年ぶり!?です(;'∀')
【前回の記事はこちら】⇒ 続:『絵本の整理収納』 * 定位置の見直しと、リビングの玩具整理

前回は、「主寝室」「子供部屋」にあった絵本収納を
→整理後に「リビング」「子供部屋」へ移動させました。

カテゴリー分けとしては、「親が読んであげる→リビング」「自分で読める簡単な絵本→子供部屋」としていました。

だけど、1年間の成長で「子どもが自分で絵本を読む」というシチュエーションの方が断然増えました。
私が読んであげるのは、就寝前がほとんど。主寝室で読むことが多いです。

事情が変わると、途端に片付かなくなります。
リビングで、絵本が収納しきれずに出ていることもあり、気になって整理を始めました(^^)/



◆ 効果的な、絵本の「分類方法」


整理の手順はいつもと同じ、
image
① 全部出し!
② 使う・使わないに仕分け
③ 最後に収納


なのですが、②と③の部分で 今回は こんな風に分けてみました♪

【仕分け】
☆ 読みたい本 ⇒ 残す!

☆ 読まない本
┏ だけど、好き ⇒ 思い出として残す

┗ 好きじゃない ⇒ 誰かに譲る

image
長女と次女とも 一緒に整理しました。
姉妹それぞれに選んでもらい、該当する場所に運んでもらいました。
(ブランケットを2枚用意しました。)

最初、「読む本」と「読まない本」に分けて~と言ったら、「全部読む~!」と言っていた娘たちも、
「読まないけど好きは本はある?」と聞いた途端、「ある~!!」と本音が(^^)/

捨てられる!!と思ったんでしょう。

「好きな本は、思い出として残すよの一言が、効くんですよね(^^♪
このあたり、大人も子供も一緒ですね(^^)/

こんな風に、「段取り」と「声掛け」の仕方で、「片づける意欲」や「手放す決意」が変わるんです。

家族にお片付けをしてもらう為には、効果的な促し方がいくつかあります♪
そのあたりは、レッスンやコンサルティングでお伝えしますね~!

【現在募集中の講座】
@東京『笑顔になる子育て&お片付け講座』
*環境と心理面でアプローチを!


子どもへの「お片付け育」に、
「アンガーマネジメント」を取り入れた講座です

おかげさまで、受付開始すぐに半分ほどのお申込みをいただきました。感謝!!お会いできますこと楽しみにしています。
残り数席となりますが、ご検討戴けると嬉しいです(^^)




◆ 整理後・アフター


「読みたい本」と「読まない本(好き・嫌い)」で仕分けした結果、こんな風に別れました。
image
ちなみに、「読まない本(好きじゃない)」に選ばれた1冊は、、、
「もう自分でズボンはけるもん~!こんなの赤ちゃんが読む本だよ~!」という理由だそうで・・・(笑)
あんなに何度も読んだ絵本なのに・・・成長したなぁ~とちょっと寂しくなっちゃいました(^^;


絵本って、親の方が手放しにくいですよね。。。育児が大変だったイヤイヤ期の 思い出( ;∀;)



さて、「読みたい」「読まない」って、常に姉妹の意見が一致するわけではありません。

長女が読みたくて、次女はそうでもない絵本
次女が読みたくて、長女はそうでもない絵本

さらに、
姉妹読みたいけど、大人に読んでもらわないと難しい絵本

「読みたい絵本」といっても、さらに細かく分けることができます。
1階に置く絵本は、「姉妹どちらも読みたい絵本」の中から20冊選ぶことにしました(^^)

整理後の* afterです。
image

季節ものの絵本も、一緒に収納することができました。
1階に絵本があふれることもなくなり、とりあえず成功!?です♪

ここまで読んでいただいてありがとうございました!
下記、2つのブログランキングに参加しています。

↑↓お手数ですが、読んだよとバナーを押して応援クリックをいただけると励みになります


★ 更新通知を「 LINE 」で受け取れます& FacebookとInstagramもやってます↓
 

Instagram