こんにちは。的確な知識と片づけ力向上サポートで、毎日の家事をラクに「暮らしのゆとり」を叶える 奈良「整理収納アドバイザー × 薬剤師」 chica です。

★ フォロワー募集中!


ただいま3800人以上の方が登録中♡
ありがとうございます!
励みにしています♡



image
本日は、整理収納アドバイザー3級・家事楽キッチン講座でした。

MBS香芝住宅展示場・パナホームモデルハウス内にて開催。
キッチンの収納を確認いただきながら、家事をラクして楽しめるキッチン作りについてお伝えしました。
image
今後、この講座は、東京・千葉方面でも開催できたらなと検討中です。
リクエストも承りますので、お声がけください(^^)/






image
さて、お片付けサポートサービスリーピーター様のビフォーアフター。
前回は、キッチン収納の要・吊戸棚収納についてご紹介しました。

【吊り戸棚収納ビフォーアフター】
キッチンは『吊り戸棚収納』を制すれば、劇的に「すっきり使いやすく」なる!


本日は、システムキッチン・シンク下~コンロ下収納です。





◆ キッチン収納は、「使う場所」と「動線」で8割決まる!

キッチンは、調理する場所であり、毎日の家事を行う作業スペースです。

だから、キッチン作りの上で、家事しやすい・作業しやすいこと!は、大前提!

image

著書『そうじ嫌いでも部屋がずっとキレイな収納のきほん』にも書いていますが、
快適に、効率よく家事作業を行えるキッチンにするには、
ゾーンを意識して収納場所を決定すること
が重要です。




つまり、『使う場所に使うモノを収納』を徹底する!
毎日の家事の流れ、キッチンでの動き方をクライアント様にお伺いしながら、整理収納サポート作業を行います。





◆ キッチン「シンク下~コンロ下」のビフォーアフター

まずは、コンロ下のビフォーアフターです。
【before】
image



【after】
image

調味料は、調味料ゾーンへ移動。
一カ所にまとめることで、調理中も引出しをひとつあけるだけ。動作が減ります。

反対に、他の場所にあったフライパンなどは、この場所へまとめてきました。
コンロ下は、調理器具・ツールのゾーン。
image

コンロ下収納は、わが家のキッチン収納と同じアイテムが沢山(^^)/

著書を読んでくださっていた依頼主さんのご希望で、
無印良品のファイルボックスと、アクリル小物収納3段を使っています。


ゾーンごとに区切ることで、
① 調理時のムダな動きが減る 
② 収納場所が把握しやすく、探す時間が減る


調理作業の効率が上がることが簡単に想像できますね♪





image
さらに、下の部分も、ゾーンごとに分類して収納しました。

もちろん、『使う・使わない』と『適正量』を考えた整理をしたあとで のことです。


ちなみに、料理本は寝かせて収納してしまうと死蔵してしまうので・・・
別の場所に立たせて収納しています。

今日の講座でもお伝えしましたが、
『使う場所に使うモノを収納』がイメージしにくい場合は、
自分の行動を思い返してみると、快適な収納場所が見つけやすいです(^^)/

自分で片づける場合は、ぜひやってみてくださいね♪ ではでは~!


◇ 全国書店にて発売中です ◇


「分かりやすい」「片づけたくなる」等
暖かいメッセージいただき感謝です♡


ここまで読んで下さりありがとうございます! 下記、2つのブログランキングに参加しています。

↑↓お手数ですが、読んだよとバナーを押して応援クリックをいただけると励みになります


★ 更新通知を「 LINE 」で受け取れます& FacebookとInstagramもやってます↓
 

★ フォロワー募集中!

Instagram
900名以上の方々、ありがとうございます♡