前々回の続き、無印のグッズで改革した「裁縫箱収納」のアフターです。
今日は、裁縫箱の中身について詳しく紹介したいと思います。


関連記事は、こちら

無印良品de 収納改革!が…。計画編

無印から届いたモノ♪収納と雑貨イロイロ

無印de 裁縫道具の収納♪ビフォーアフター


本日も、こちらに参加しています。

トラコミュ 無印良品 オススメのモノ~ ♪♪

トラコミュやっぱり好きMUJI無印良品

トラコミュ* 無印良品(MUJI)との生活*

トラコミュ無印良品の収納- MUJI-

トラコミュ無印PPケースを使った収納



●裁縫箱の中身

全体像は、こちら。




裁縫箱として使っているのは、「キャリーボックスロック付小」。

フタを開けた後は、こんな感じに、上に乗せていたもの(ミシン糸セット)を横に立てています。




フタは、ボックスの下に。
こうすると、フタの枠?にはまって、ボックスが動きません。






解説しやすいように、【A】~【D】の3エリアに分けてみました。



A:ミシン糸セット

B:「メイクボックス1/4」の3階建て収納

C:「PP救急用品ケース」の立てる収納

D:フリースペース、大物の収納



では、エリアごとの紹介をしていきますね。


***【A】***

一番上は、ミシン糸です。

①「ペンケース横型大」:ミシン糸

②「黒×透明ケース」:ミシン糸


ミシン糸①は、以前は、こうやって、立てて収納していたのですが・・・



どれが何色か、全然分からない(>_<)
手縫い糸としても使っているのですが、色選びがとっても手間でした。。

ミシン糸は、立てちゃダメですね。。。

コロコロ転がるけれど、 色を識別したいので、 寝かせて収納することに。



ペンケースに入れたミシン糸は、かなり見やすくなりました!!

一応、暖色系と寒色系に分けています♪
roseは、暖色系の方がよく使うので、上にしています。


ミシン糸セット②は、フタを開けたあとは、【D】のエリアに立てています。



本当は、【D】エリアに立てたままにしたいのですが、フタを閉めることができないので、、、。

現在、ミシン糸自体が多いので、少し減れば、①のペンケースにまとめたいなと思っています。

それでも、以前よりは、かなり改善された部分。

実はこのミシン糸セット、ミシンを購入した時にもらったもので、本当はもう1ケース、新品の状態で保管していたんです。
だけど、さすがにこんなに使わないので、ヤフオクで売りました(^^)






***【B】***

買い間違えた「メイクボックス1/4」を3つ使用した収納です。
長いもの、かさばる物を収納しています。



①上段:ミシン糸(ペンケース横型大)、裁ちばさみ、チャコペンシル、ものさし等々。よく使うものを。

②中段:テープ、リボンなど

③下段:用途が限られるバイアステープや毛糸など(ぼんぼり用)めったに使わないものを。


基本的には、メイクボックス①をメインで使っています。

例えば、布の裁断をする際には、
メイクボックス①を取り出し、
【C】エリアの「ソーイングセット」など、必要なものを①に乗せて、トレー代わりにしています。



布の裁断は、ミシンを使う机の上ではなく、広いスペース(床)ですることが多いので、
必要なものだけトレーに乗せて持ち運べる(移動できる)のは便利です♪


長くなりそうなので、一旦切ります。
次回、【C】と【D】を紹介しますね。


続き記事、更新しました!

無印de 収納改革♪裁縫箱のナカミ-2

更新の励みになります。読んだよ~の応援ポチよろしくお願いします!
ブログ村でのお気に入り登録も大歓迎♪↓


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

パナホームで建てた素敵なお家のweb内覧会記事がまとめて読めるトラコミュです↓
トラコミュweb内覧会*パナホーム

家事をラクにこなすための住まいづくり工夫がまとめて読めるトラコミュです↓
トラコミュ家事がラクできる家づくりの工夫♪