こんばんは。楽時間収納で「こころと時間のゆとり」を叶える 奈良「整理収納アドバイザー × 薬剤師」 chica です。
image
昨年末、ナチュラル洗剤のまとめ表の配布と共に開始したMakeLife+のメルマガは、わずか1週間ほどの間に100名以上の登録をいただきました(^^)。誠にありがとうございます!

【ナチュラル洗剤まとめ表はこちら】
新年は『ナチュラルクリーニング』*ナチュラル洗剤の「使用方法まとめ表」作りました

本年は、メールマガジンでの情報発信もしていきたいと思います。登録は随時受付しておりますので、よろしくお願いいたします。(PCメールのみ登録可能です)



◆ オキシクリーンと酸素系漂白剤の違い

さて、本日は、コストコで有名な「オキシクリーン」について。メルマガ登録いただいた方から、ご質問をいただきました。

「話題のオキシクリーンは、使われないのでしょうか?というか、酸素系漂白剤とオキシクリーンって何が違うんですか?」

ありがとうございます!洗剤の専門家ではないですが、化学好きの薬剤師としての知識の範囲内でお答えしました。こちらで紹介させていただきますね。(洗剤の専門家の方へ。違ってたらご指摘下さい)

「オキシクリーン」ってのは、これのことです↓


ナチュラルクリーニング記事でも挙げましたが、わが家では4つのナチュラル洗剤を使っています。
・クエン酸
・重曹
・セスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ)
・過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)


「4つの洗剤」というよりは「4つの成分」と書いた方がわかりやすいでしょうか!?

オキシクリーンは、酸素系漂白剤のひとつです。
成分として、「過炭酸ナトリウム」が含まれる商品

★オキシクリーンの成分
:過炭酸ナトリウム(酸素系)、炭酸ナトリウム


コストコで販売されているもの(アメリカ仕様・日本用の製品でないもの)は、ここに「界面活性剤」と「洗浄補助剤」が入っているようです。
大型倉庫店で売り切れ続出! インスタでも話題の酸素系漂白剤アメリカ版「オキシクリーン」が販売開始しました!

一方、日本向けの商品は、ナチュラル洗剤なのに界面活性剤?という声があるからか? 界面活性剤は一切入っていないそうです。
★日本正規代理店★ 【酸素系漂白剤】 過炭酸ナトリウム成分配合! 酸素系漂白剤のオキシクリーン
※ 最近は、アメリカのモノも一部界面活性剤不使用のようです。



というわけで、オキシクリーンには
□ ナチュラル成分の中でアルカリ性が高い
□ 漂白作用がある
 という特徴をもった「過炭酸ナトリウム」 が含まれています。




◆ オキシクリーンの「炭酸ナトリウム」って何!?

では、オキシクリーンの主成分のもうひとつ「炭酸ナトリウム」って何なんでしょう!?

炭酸ナトリウム(化学式:Na2CO3)
炭酸塩。炭酸ソーダとも言います。セスキ炭酸ソーダよりも過炭酸ナトリウムよりも強アルカリ性

石鹸百科さんのサイトでPHを調べたところ、
・重曹:PH8.2
・セスキ炭酸ソーダ:PH9.8
・過炭酸ナトリウム:PH10.5(水溶液)
・炭酸ナトリウム:PH11.2


炭酸Naが一番強いアルカリ性になります。

この成分のみで販売もあるんですね。

オキシクリーンは、高PHの過炭酸ナトリウムと炭酸ナトリウムの合剤となると、浸け置きでキレイになるのも納得です(^^)




◆ 「過炭酸ナトリウム」で十分!?

だけど、使い方を間違えなければ、「過炭酸ナトリウム」だけで十分じゃん!? と私は思います。
なぜなら、「過炭酸ナトリウム」は炭酸ナトリウムと過酸化水素を混合してできたものだから。

過炭酸ナトリウム(化学式:2Na2CO3・3H2O2)
Na2CO3は、炭酸ナトリウム
H2O2は、過酸化水素です。2:3で混ざってますよね!?

そもそも、過炭酸ナトリウムは水に溶かすことで炭酸ナトリウムと過酸化水素に分解し、
漂白作用は過酸化水素(40度以上)によるもの。
アルカリ性として油脂などの汚れを取り除いているのは、分解してできた「炭酸ナトリウム」のはずです。

ただし、「過酸化水素(水に溶けて弱酸性)」が60パーセント含まれるぶん、
「炭酸ナトリウム」単体よりはPHも低いし、アルカリ性としての効果は小さくなります。(まぁ、たくさん使えば良いだけですが)

ですので、オキシクリーンは、漂白作用にアルカリ性としての効果を上げた製品なんですね。


最初のご質問、
「話題のオキシクリーンは、使われないのでしょうか?というか、酸素系漂白剤とオキシクリーンって何が違うんですか?」という内容でしたが、

私は、肌がすごく強いってわけではないので(弱いわけでもないけど)過炭酸ナトリウムで十分かな~っていう結論です(^^)(過炭酸ナトリウムを沢山使えば、沢山炭酸ナトリウムが生成される)
でも、キレイ好きの人からすれば、強アルカリで汚れが落ちる方が良いかもしれませんね(^^)
それぞれ、何を優先するのか!? 最終的には好みかな~と思います。

ただ、よくわからず口コミで選ぶよりは、ちゃんと分かった上で選ぶ方がオススメなので、記事にしました(^^) 

最近、ナチュラル洗剤について聞かれることが多いので、今年は、洗剤講座でもしようかなぁ~とちょっと思っています(^^)需要あるかな!?
ではでは~!

★ 【現在募集中のサービス】⇒ 『MakeLife+』ができること *「提供メニュー」一覧

ここまで読んで下さりありがとうございます! 下記、2つのブログランキングに参加しています。

↑↓お手数ですが、読んだよとバナーを押して応援クリックをいただけると励みになります


★ 更新通知を「 LINE 」で受け取れます& FacebookとInstagramもやってます↓
 

Instagram